物件購入の電話問合せ時に何を聞くか?

不動産全般

ヒアリングの目的は大きく3つある。

  • 価格交渉がどのくらい可能かを把握する
  • 物件の情報をより詳しく把握する
  • 仲介業者と仲良くなる

不動産の購入は突き詰めて考えると、どんな物件をいくらで買えたか、という2点に集約される。
そして、仲介業者と仲良くなることは今後の継続的な関係性維持に繋がる。

つまりこれら3つの目的を電話でも達成することが重要だ。
具体的に見てみよう

価格交渉の目安を知る

  • 売り主情報
    なぜ売りたいのか?
    どんな人なのか?(年齢・性別)
  • ぶっちゃけいくらだったら売ってくれるのか?
    僕の場合は「おそらく○○円(多少幅をもたせる)くらいで買わせていただきたいと思っています」と聞いている。

物件について知る

  • 駐車場有無
  • 間取り・建物面積
  • 中の状態
  • 住まなくなってどれくらい経つか?

仲良くなる

  • (上客だと思ってもらえるように)何棟も買っている雰囲気を匂わせる

仲良くなるは正直自分もよく分かってない…

お金の管理・不動産投資に興味のある方は、無料で相談に乗りますのでコメント・Twitter等からお気軽にご相談ください。
コメントは私しか見られません。



この記事を気に入ってくれたらぜひはてブボタンを押してブックマーク登録してください!
筆者のモチベーションに繋がります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました