不動産を紹介するのは不動産業者だけじゃない!ジモティーという選択肢

募集

不動産賃貸を行う際に、どうやって募集を行うだろうか?
一般的には不動産仲介会社を経由して募集するだろう。

今回はそれ以外の方法であるジモティについて紹介したい。

はじめに

想定読者

  • 募集経路を広げたい大家

得られるもの

ジモティーを使った募集方法の知識

ジモティとは

知っている人も多いと思うが、ジモティーとは色々なものを売買(無料もある)したり、人の手を借りたり貸したりする掲示板のようなサイトだ。この中には物件の売買や賃貸の募集もすることができる。

ジモティで募集するメリットは?

一つは募集経路を広げることができる。
ジモティの月間アクティブユーザー数は650万人を超える。
ここに掲載することで非常に多くの人に訴求することが可能なのだ。

ジモティで募集するデメリットは?

ジモティのユーザー層はあまり質がいいと言えないケースが多い。
例えば、連絡がすぐに途絶える、内見予約をすっぽかすなどの事例はよく聞く。
また、あまり高い家賃帯の物件を掲載するには向いていない。(裕福でない層が多い)

ジモティでの募集のコツ

①定期的に投稿し直すこと
ジモティはデフォルトでは投稿日時が新しいものが上にくる。そのため定期的に投稿し直すことでひと目につくようにするのがいい。

②写真とタイトルでパッと目を引く。
ジモティは写真とタイトルの冒頭が一覧画面に出てくる。そのためここで興味を引けるような写真とタイトルを用意しておくことが非常に重要。

③説明は簡潔にフレンドリーに
ジモティのユーザー層はあまり難しい説明をしっかりと読んでくれるような人ばかりではない。
説明は最低限。絵文字などを使いながらフレンドリーな感じを出すといいのではないだろうか。

④写真はたくさん載せる。
ジモティでは5枚までしか写真を載せられない。では写真をたくさん載せるのはどうするか。。?
答えは、4枚の写真を1つの写真に結合してしまうのだ。
こうすれば4×5=20枚の写真を掲載できる。

⑤初期費用を抑える
ジモティのユーザーはあまり裕福でない人が多い。そのため初期費用を抑えてあげると喜んでくれやすい。

まとめ

ジモティは場合によっては新しい販路拡大に役立ってくれる。
一度試してみるといいのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました