DIYは段取りが全て

DIY

と以前Twitterでつぶやいていた方がいました。
今回はそのつぶやきと実体験を交えた話。

物件と自宅との距離は?

物件と自宅との距離が近い場合は問題ない。
ただ、多くの場合、ボロ戸建て大家さんたちは物件と自宅との距離が遠い。(と思っている。)

例えば、物件と自宅との距離が片道2hの場合。一日に8hの労働の場合、なんと4hも移動だけで時間を費やしてしまう。

もし、準備不足で作業ができなかった場合、それだけで移動時間分が無駄に終わってしまう。

DIYの具体的な下準備

DIYをするにあたっての下準備。人によってやり方は違うだろうが、僕の場合を紹介する。

1. 全てのやるべきことをリストアップ

粒度としては、部屋ごとに床・壁・天井・電気など個別に何をやるかを記載するイメージ。

参考までに僕が以前作ったリスト

2. DIYの手順の調査

各項目に対して、具体的な手順を調査。
最近はYoutube、ブログ等でほぼ全てのDIYのやり方を調査することができる。

3. DIYの手順のリスト化

2で調査した内容に沿って、DIYの手順のリスト化
リスト化する内容は、項目・必要な道具・想定作業時間・実質作業時間あたり。

想定と実質作業時間を記録しておくことで、今後のDIYの見積精度が上がる。

例えば、畳6帖部屋(押入れ含む)の塗装の場合。

いちばん重要なのは、必要な道具を見誤らないこと。
ただし、ここはやってみて初めて必要な道具が分かるケースもしばしば。

そういった時に大事になるのは、作業のオプションを用意しておくことだ

つまり、ある作業ができなかった時にやれる別の作業を用意しておくこと。

こうすることで、行ったけど何もできなかったという事態を防げる。

まとめ

DIYをやるにあたって、事前準備は非常に大事。
ここの精度によってDIY日数は大きく増減する。

しっかりと見積をしていこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました