築古戸建て投資の時代は終わったのか?

築古戸建て

不動産の募集会社の方と話していて、最近は築古戸建てをリフォームして貸し出すという人が増えてきた。だから差別化が難しくなっているという話をされた。
また、有名コラムニストの大津カイジさんも大都市圏での築古投資は難しくなったと言っていた。

築古戸建て投資の時代は終わったのか?その点について僕なりに書いてみたいと思う。

はじめに

想定読者

築古戸建て投資をやっている人・やりたいと思っている人

得られるもの

築古戸建て投資についての考え方

結論

結論から言うと終わってはいないが厳しくなった。が僕の回答だ。
以下は、肌感覚として感じていることをお伝えする。

競合が増えた

これは築古投資をやっている人は誰しも感じていることだと思うが、参入する人が増えた。
理由は大きく2つだ。

①高金額帯の不動産投資が難しくなり、それらの投資家たちが安い金額帯の築古戸建て投資に流れてきた
銀行融資が出にくくなってきたためだ。

②不動産に興味のなかった人の新規参入が増えてきた
老後問題が大きく取り沙汰され、将来のために備えないといけないと考える人が増えたし、様々な場所で副業の方法を調べることができるようになった。
築古不動産投資は比較的手軽に参入できるものとして人気が高いように感じる。

今後どうやって戦っていくか

競合が増えることで起きるのは以下の2つだ。
①仕入れが難しくなる
②募集が難しくなる

①の仕入れについて
一つの工夫としては、自分なりの仕入れルートを持つようにすることだ。そのためには不動産業者との関係づくりが求められる。
安い戸建てをネットに掲載すると大量の問い合わせが来て困るというのが不動産業者の本音だ。大した手数料もないのにわざわざ対応するのは面倒。そのため、関係値のある確実に買ってくれそうな人に直で紹介した方が楽なのだ。

②募集について
募集もただ築古戸建てをキレイにリフォームしただけでは競争力が落ちてくる。
バリューアップのためのリフォームを行ったり、リフォーム金額を極限まで抑えることで賃料を安くしても問題ないようにするなどの工夫が必要だ。

まとめ

どんな業界でも儲かりそうな業界には人が多く流れ込んでくる。
築古戸建ては今そういった局面を迎えていると思う。それに打ち勝つ工夫を考えていくか別の市場を見つけ出すかが求められている。

この記事を気に入ってくれたらぜひはてブボタンを押してブックマーク登録してください!
筆者のモチベーションに繋がります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました