築古戸建てによくある傾きにどう対処するか

募集
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

築古戸建ては床が傾いていることが多い。それに対してうまく対処するのは、築古戸建て投資で避けて通れない道だ。

傾きの対処は根本的な対処~簡易的な対処まで様々で根本的な対処の方が費用がかさむ。

傾き対策の方法を知り、自分の物件にあったやり方を選ぶといいのではないだろうか

家全体の傾きを直すやり方

家全体が沈んでいる時は、地盤の問題の可能性が高い。
地盤問題はリスクが相当高いのでそもそも買わないことをおすすめする(また沈む可能性が高い)

買ってしまった場合には、家全体を直すにはジャッキで家を持ち上げて補強するというのが方法だろう。これについてはあまり詳しくないが。。

部屋の傾きを直すやり方

部屋の傾きを直す方法にはいくつか方法がある。
基本的なやり方は、床板の下にある根太という木の柱を水平にすることだ。

水平にする方法には2種類あり、
①根太を削って水平にする
②根太の下に楔のようなものを入れ高さを合わせる

という2つのやり方だ。

傾きを直さないやり方

最後に少し荒業だが傾き箇所が限定されている場合には直さないという手もある。
居住空間が傾いている場合には入居者に大きな不便が生じるが、廊下・階段・部屋の出入り口付近など、通るだけで長居することがない場所は傾いていても大きな不便は生じない。

この場合には、内見時にごまかすことで対処可能だ。
具体的には、カーペットを敷く・スリッパを履いてもらうなど。

床がふかふかしていると傾きを感じづらいのだ。
(僕が物件購入する際は床が絨毯だったせいで傾きに気づかなかった…)

また、傾いているところに棚を置くことで、そこに居させないという手も有効だ。

まとめ

傾き対策はいくつか方法があり、状況に応じて最適な手段を選ぶことがおすすめだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました