木造アパートを建てる際の工事内容

土地から1棟

建築コストではよく坪単価●●万円という言い方をするケースが多い。
しかし、この坪単価はやっかいで、ここに何を含んでいるかを把握する必要がある。

ここが把握できていないと、建築コストを比較評価することができず、誤った判断を下してしまいやすい。

今回は、過去もらった見積もりをベースに自分なりに建築コストの明細をまとめてみたい

本体工事

一般的に坪単価●●円と提示される金額。
本体工事に含まれる工事内容は各社違いがあるので要確認

例えば以下のようなものが含まれるケースが多い

工事関連

  • 建物の構造体
  • 外装内装
  • 標準的な設備1式(キッチン・トイレなど)
  • 給排水管
  • 雨水排水工事
  • 電気工事
  • ガス配管
  • 照明

調査・設計・監督料

  • 地盤調査
  • 設計
  • 瑕疵担保責任保険
  • 工事監督

申請関連

  • 建築確認申請取得
  • 上下水申請
  • 電気申請

追加設備

設備を増やす際にかかる費用。
例えばアパート建設ではキッチンが部屋数分必要だが、その分追加費用がかかる。

  • キッチン
  • トイレ
  • サッシ
  • 空調
  • カーテンレール
  • アンテナ取り付け

付帯工事

土地によっては不要な場合もあるが、必ず確認する必要がある。

  • 建物解体
  • 造成工事
  • 地盤改良工事
  • 外構工事
  • 上下水管取り出し工事

建物グレードアップ工事

どこまで基本料金に含まれるか全く異なるため要調査

  • 劣化等級
  • 耐震等級
  • 準耐火・耐火仕様

工事をするための諸々

  • 工事車両の駐車料金
  • 警備員

その他

  • 建物登記

何を考えるべきか

会社ごとの建築費用を比較する場合には、これら諸々の条件をなるべく細かく伝えた上で見積もりを出して貰う必要がある。

  • 既存物件解体、上下水管の引き込みの有無
  • 劣化等級・耐震等級の有無
  • 空調やテレビアンテナの取り付け有無
  • キッチンの大きさ

その上で提示された見積もりの中に含まれていないものはないか?を確認する。

例えば、A社では登記費用まで含まれているのに、B社では含まれていない場合、明らかに不公平が生じる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました