築古戸建て

築古戸建て

築古戸建て投資の時代は終わったのか?

不動産の募集会社の方と話していて、最近は築古戸建てをリフォームして貸し出すという人が増えてきた。だから差別化が難しくなっているという話をされた。また、有名コラムニストの大津カイジさんも大都市圏での築古投資は難しくなったと言っていた。築古戸...
DIY

築古戸建てDIYって場合によってはナンセンスなんじゃないの?という話

DIYは時間がかかる。が、上手くやればコストを大きく浮かすことができる。ということで築古戸建て系の大家さんはDIYをやっている方がたくさんいる。が、条件によっては築古戸建てのDIYはナンセンスかもしれない。僕は1,2棟目はDIYほとんどし...
築古戸建て

リフォーム業者とのやり取りが非常にストレスな話

今回、リフォーム業者との利害関係が結構ややこしい話になった。このことで僕自身もかなりストレスを感じている。具体的に起きたこととそれらの原因と対策を考えてみたいと思う。おそらく築古系物件を扱う投資家やマイホームのリフォーム費用を安く済ませた...
築古戸建て

不動産における仲間の重要性

2/15,16と自分の物件に投資家の友人を見学に来てもらい、ついでに掃除を手伝ってもらったのだが、非常に価値のある時間だったのでそんな話。仲間って大事だなと改めて思わされました。 はじめに 想定読者 不動産をやっている・...
築古戸建て

激安築古戸建て投資とエリアの相場とリフォーム費用

築古戸建て投資を行う際(不動産全般にも言えることだが)、エリアの相場は非常に重要だ。エリア相場以上の家賃を取るのは非常に難しく、購入金額・リフォーム費用はエリア相場と関連して考えるべきだ。今回は利回り20%を目指すための購入金額とリフォー...
築古戸建て

不動産におけるコスト削減を具体的に解説してみた

不動産をやっていて強く感じるのは、手間をかけてきちんと調べればその分コストを抑制できるということだ。逆に手間をかけずにやろうとするとどうしてもコストが上昇してしまう。もちろんこれは日常生活においても同様のことが言えるが、不動産はトータルコ...
築古戸建て

漏れがあると困る。見落としがちなリフォーム箇所たち

ボロ戸建てを買う際には、ある程度のリフォーム費用は当然かかる。理想的にはリフォーム費用は事前に完璧に見積もっておいてそれを踏まえた指値を入れることだ。ただ、どうしても想定しきれないリフォーム箇所も後から見つかったりする。今回は僕の事前に想...
築古戸建て

リフォームの方法と1,2棟目リフォームでの失敗事例(2)

前回の記事では、リフォームの方法について、①だれが主体となってリフォームを行うか②リフォームの発注先をどうするかという話をして、僕はリフォーム業者に一括発注という手段をとったという話をした。メリット・デメリットは前回書いたとおりだが、今回...
築古戸建て

リフォームの方法と1,2棟目リフォームでの失敗事例(1)

1,2棟目のリフォームも終わりに近づいてきた。リフォームについてはやり方は人それぞれだし、それぞれにメリット・デメリットがある。僕の1,2棟目のリフォームは正直かなり失敗したなと思う部分もある。リフォームは1軒1軒やる内容が違うし、人によ...
築古戸建て

初めてのボロ戸建て内見時、心が折れた話

前回もお伝えしたが、僕の保有物件(2棟のみだが)はボロ戸建てばかりだ。なぜボロ戸建てばかりかというと、低リスクで誰でも始めやすく、リターンも大きい投資に入るからだ。いきなり矛盾するようだが、ボロ戸建ては未経験の人にはハードルが高い。なぜな...
築古戸建て

築古ボロ戸建投資って儲かるの?に答える超具体的な収支

僕が持っている物件は古いものばかりである。一番古いもので築47年、新しいものでも40年。なぜこんな古いものばかりに手を出しているのか?それはこの投資法に一定の勝ち筋を見出したからだ。不動産投資って興味あるけど実際にやるのは怖い、不動産投資...
タイトルとURLをコピーしました