不動産

不動産

投資の目線(CCRと純資産の重要性)

僕は不動産投資において、CCRと純資産が最も大事な目線だと思っています。今回は、それぞれの指標とは何か?なぜそれが重要なのか?について書いてみます。 CCR CCRとは何か? CCR = 満室時税引き前キャッシュフロー ...
未分類

不動産で事業性を高めるということ

不動産「投資」と不動産「業」 不動産投資と不動産業は全く別物だ。 投資と業なにが違うか、僕の考えは・労力を投下する・独自のアイディアを盛り込む この2つを行い付加価値をつけるのが、不動産業だと思う。 例えば、ただの...
不動産全般

不動産のレッドオーシャンについての考察

最近流行りの投資手法 最近はボロ戸建てと新築木造と新築RCが流行ってるみたいですね。僕はボロ戸建てしかやってないですが、土地から新築木造や新築RCが上手く入りそうな土地は即蒸発するという噂。 これが流行りだしたのは、築古に対す...
不動産全般

会社員の辞め時はいつか?

不動産投資をやっている人の中にはいつか会社員をリタイヤしたいと考えている人も多いのではないだろうか。 では、いつが会社員の辞め時なのか? 今回はいくつかのパターンを考えてみたい。 巷で聞く話 最低ライン(不動産CF...
未分類

所有権移転登記 一人でできるもん

所有権移転登記をやったことはあるだろうか?多くの人は司法書士に頼むためやったことはないのではないだろうか。 しかし、きちんと手順を知れば一人でもできる。というわけで今回は、個人所有物件を資産管理法人に売却。 ※今回は自分から自...
不動産

実時間の短縮と脳の専有領域の短縮

脳の専有領域 作業短縮を考えた時に、僕は2つの視点で物事を考えている。 1つが実時間の短縮。これは分かりやすい。例えば、10分かかるものを5分に短縮する。 効率の良いやり方を見つける。人に依頼する。etc... こ...
DIY

DIYは段取りが全て

と以前Twitterでつぶやいていた方がいました。今回はそのつぶやきと実体験を交えた話。 物件と自宅との距離は? 物件と自宅との距離が近い場合は問題ない。ただ、多くの場合、ボロ戸建て大家さんたちは物件と自宅との距離が遠い。(と...
不動産全般

不動産投資家として成長するための2つの軸

今回は私的な内容だが、僕が今後不動産投資家として成長していくための方向性について考えてみた。 専門性の強化 不動産は非常に幅広い。その中でどの領域を極めて行くのかを考える必要がある。僕は現段階では2つの領域を強化したいと考えて...
融資

住宅ローン借り入れの仕組み

住宅ローンは一般的に年収の7~8倍までの借り入れが可能と言われている。余裕を持った借り入れ(年収の5倍以下くらい)を行う人は仕組みなど知らなくても問題ない。しかし僕のようにギリギリ(年収の8倍程度)かつ若干特殊な事例(賃貸併用住宅)の借り...
土地から1棟

アパートを建てる際の細かなテクニック

木造アパートを建てる際に細かなテクニックが色々とある。どういった設備・間取りが入居者に喜ばれるかは先達たちが教えてくれている。 各種先達たちのYoutube・ブログ・口頭での教えを元に自分が作る際に導入したいものをまとめてみた ...
土地から1棟

木造アパートを建てる際の工事内容

建築コストではよく坪単価●●万円という言い方をするケースが多い。しかし、この坪単価はやっかいで、ここに何を含んでいるかを把握する必要がある。 ここが把握できていないと、建築コストを比較評価することができず、誤った判断を下してしまいや...
不動産収支

家賃設定と物件保有についての戦略

家賃をどのように設定するかは物件の保有戦略と密接に関わってくる。 もう少し具体的に言うと、①短期で物件を売却するつもりがある場合②中長期で物件を保有するつもりの場合で値付けは異なるということだ。 具体的なシミュレーション ...
DIY

ボロ戸建て投資家へ~如何に安く車を使うか~

ボロ戸建て投資家たちはDIYのために車を使うケースが多いホームセンターで資材を購入する必要があるし、道具の持ち運びもいる。 しかし、車を持っていない人も多いのではないだろうか。(僕は持っていない) そこで今回はどうすれば車を安...
不動産

不動産の指値のための心理テクニック

ドア・イン・ザ・フェイステクニック ドア・イン・ザ・フェイステクニックという心理テクニックが存在する。 これは相手に無理な要求を突きつけ、それを相手が断った後に本当の要求を言うと受け入れてもらいやすくなるというテクニックだ ...
不動産

築古戸建ての出口戦略

築古戸建て投資を行う際に、自分的に考えている出口戦略について 実需向けに建物として売却 これができるならベスト。実需が買いたいように部屋をきれいに作り、ホームステージングなんかも行うといいかもしれない築年数は30年くらいまでが...
不動産

おとり収益アパートとブラック仲介業者

ことの始まり 僕はボロ戸建てメインで投資をしているが、今度はボロアパートに挑戦したい。そう思い収益アパートを探してみた。 その中で見つかったのが、千葉県のど田舎にあるアパート利回り30%、1400万円、築50年軽量鉄骨の全空物...
不動産

保有物件と収支

現状の保有物件と収支のまとめ 戸建て1号物件 基本情報 住所:埼玉県春日部市(市街化区域)駅徒歩15分売出し価格:380万円土地面積:55㎡建物面積:65㎡築年数:約50年 購入価格:140万円諸経費:40万円リフ...
募集

セルフ客付けの方法②〜内見案内から契約まで〜

前回の記事では、セルフ客付けの大きな流れ・事前準備・入居者探し・内見案内・保証会社の審査申込み・契約の中で、事前準備について解説しました。 今回は残りの入居者探し〜契約までを説明したいと思います。 入居者探し ...
募集

セルフ客付けの方法①~4つの事前準備~

前回の記事ではセルフ客付けのメリットについて説明しました。 今回は、じゃあセルフ客付けってどうやるの?ということについて具体的に説明します。 大きな流れは前回も書いたように大きな流れは、・事前準備・入居者探し・内見...
募集

セルフ客付けのメリット

皆さん、客付けはどうやっていますか? 僕も客付けをする時に仲介業者に依頼しましたが、それと同時にセルフ客付けもやっていました。今回はそんなセルフ客付けについて書いてみようと思います。 セルフ客付けにはメリットが多くあり、また時...
不動産

なぜボロ戸建て投資から始めたのか?

早速結論です。なぜ私がボロ戸建て投資家になったかというと、それしか買えなかったからです!もう少し具体的に言うと、以下のような感じです 高額融資が受けられるほど属性がよくない現金はあまり保有していない(7桁円) こうなると、選択...
管理

入居者に怒られましたpart2

前回の記事では、入居早々トラブルが発生し入居者さんから怒られた話をしました。 前回は(料金が高い)24時間対応の電気屋に電話して、テレビとエアコンの修理を依頼しました。 しかし、エアコンは直っていなかったのです… ...
管理

入居者に怒られました

4月から入居付が決まった西金野井の物件。やっと家賃収入が入ってくる。と思っていたら入居早々思わぬトラブルに見舞われた… ことの発端は入居者さんからの一通のラインだ。(僕は物件を自分で管理しており、入居者さんとはラインでやり取りしてい...
土地から1棟

土地から一棟アパートを建てたい

不動産投資をやっている方ならご存知かと思うが、土地から一棟アパートは非常に難易度が高い一方で利益も大きい。 現在ボロ戸建てしか持っていない僕だが、ここにチャレンジしていきたいと思っています。土地から一棟アパートを建てる上で超えなけれ...
不動産全般

不動産って儲かるの?片手間でできるの?やるべきなの?

不動産は儲かる そう聞いたことがある人も多いだろうし、このブログのコンセプトも不動産を通じてお金と時間の自由を手に入れることだ。 しかし、世の中には数多くの副業がありし、自分で起業するという手もある。そんな数多く存在する選択肢の中で...
未分類

不動産投資の情報収集の方法

当たり前だが不動産投資は勉強が大事!多額の資金を投じることになるので、勉強不足で失敗しましたでは取り返しがつかない。 今回は僕が使っている不動産投資の学習方法(無料)を公開したいと思う。 不動産全般 ・楽待コラム不動産を...
不動産全般

購入前の災害で火災保険申請する際の4つの壁

購入前の災害に対して火災保険申請をすることは可能だ。これを行うことで通常一定額しか入ってこないキャッシュをいきなり大幅に増やすことが可能になる。 購入物件で保険申請が可能か判断する4つの基準を見てみよう フローチャート ...
不動産全般

物件購入の電話問合せ時に何を聞くか?

ヒアリングの目的は大きく3つある。 価格交渉がどのくらい可能かを把握する物件の情報をより詳しく把握する仲介業者と仲良くなる 不動産の購入は突き詰めて考えると、どんな物件をいくらで買えたか、という2点に集約される。そして、仲介業...
不動産全般

自然災害後に買った物件で火災保険の申請をする技

千葉県の方の物件を買おうと思った時に、その物件は2019年の台風被害で屋根が吹き飛んでいてひどい状況だった。その物件で何とか火災保険の申請ができないか。。と思い調査に踏み切る 火災保険の譲渡 あまり知られていないが、火災保険は...
不動産全般

先の見えない相場と不動産-我々は今どう動くべきか

コロナの影響で連日株が大幅下落。もちろんこの影響は今後不動産の価格下落にも繋がっていく。 では今不動産を買うべきではないのか?そんなことについて考察してみる。 不動産価格の行く末 不動産価格は今後下落局面を迎える可能性は...
タイトルとURLをコピーしました