楽に節約する3ステップ(2)

節約

比較的簡単にできる節税の話

前回の記事では節約の方法として、まず現状を知り、次に固定費を抑えるという話をした。
これらは一度やってしまえば後は意識せずとも自動で節約につながるので、一度時間をとってやってみると後々大きな差につながってくる。

そして最後は節税の話。
節税は比較的簡単にできる話からちょっと手間だが大きな節税効果のある話まで多岐に渡る。今回は比較的ライトな話から。

と思ったのだが、ライトな節税の話はいろんなサイトに載っているので、僕の方では特に紹介しない。
こちらのサイトとか見てみて下さい。簡単な分大きな節税効果はないです。

節税効果の大きな話

ここからの話はやりすぎると税務署に睨まれるので(とはいえ個人でやる分にはそんなに問題ないとは思うが)、自己責任でお願いします。

具体的にどうやって節税するかは、自分で事業を立ち上げることだ。

何でもいいのだが、例えばあなたのコンサルティング事業をやるとしよう。
この際に実際に仕事が取れなくても、あなたは打ち合わせやら学習やらで色々と経費を使うことがあるだろう。
売上が0だったとしても経費は100万円発生してしまった。
このような場合、あなたの事業は100万円の赤字ということになる。この赤字はあなたの本業であるサラリーマン所得と合算することが可能なのだ。

つまり、あなたのサラリーマンとしての所得が500万円だった場合、合算所得は400万円となり、その分かかる税金が安くなるのだ。

(なお、この手法は不動産融資を受けたい場合には全くおすすめしない。銀行からの評価がめちゃくちゃ悪くなる。)

無税入門という本はこの手法について詳しく書いているので、興味のある人は呼んでみるといい。
が、前述の通りやりすぎると税務署に睨まれるので、あくまで自己責任で!
あなたは事業をやろうとしたが、うまく行っていないだけということを忘れずに!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました