不動産知識0の人がマイホーム購入するならどう進めるか?(2)

マイホーム

前回の記事ではマイホーム購入のための順序(以下に再掲)と僕の場合の話を書いた。

  1. 事前検討事項について考える
  2. 検討事項に沿って具体的にどうやって物件を探すか考える
  3. 購入前の準備を進める
  4. いい物件が見つかるまで実際に物件を見に行ってみる
  5. 購入する

今回は、2以降について見ていこうと思う。
話のメインは1だったので、今回の話はあまり重くはない。

検討事項に沿って具体的にどうやって物件を探すか考える

1で決めた目標を達成するために具体的にどのように物件を探すか考える。

これは使える時間によって大きく制約を受ける
①使える時間が多い場合
不動産ポータルサイトを毎日眺め、良さそうな物件に片っ端から問い合わせ
だんだんと目が肥えていくので、これと思った物件にはすぐに指値を入れる

②使える時間が少ない場合
不動産業者を何社か訪問し、信頼できそうな営業マンを探す
見極めは難しいと思うので、2,3人とツテを持っておくとよい

購入前の準備をすすめる

すごくいい物件(相場に対して安い物件)を手に入れられるかどうかはスピード勝負だ。
そのため、事前に当て物件(自分が買おうと思っている金額と同等くらいの物件)で一度住宅ローンの審査が通るかを試しておくといい。

そうしておくと不動産業者もこの人は融資の審査が通る人だと安心してくれるため、積極的物件を紹介してもらいやすくなったりする。

これはすごくいい物件を狙おうとする場合のみ必要な手順で、普通の物件を購入するのにここまでは必要ない

いい物件が見つかるまで実際に物件を見に行ってみる

これが最も重要なステップだ。
実際に何度も物件を見に行っているとエリア相場、購入のスピード感などが掴めてくる。
そうなれば、(よほど厳しい条件でない限り)どこかで物件を手に入れることができるだろう。

なお、僕は半年間ほど土日の7割くらいは物件視察に使っていた。

購入する

いい物件があってもどうしてもいざ購入するとなると躊躇してしまうのも人間だ。
そういった時に、自分を信じて契約書にサインできるかというのも大事なポイントだ。
冷静な目で、自分の背中を押してくれるような人がいると、このステップも自信をもってクリアできる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました